サイトをリニューアルしました。

サイトのリニューアルに手をつけ始めてからかなり時間が経ってしまいましたが、なんとか、リニューアルして公開することができました。

その間、仮設サイトのようなページすら置かずに居たので、とっくにページを閉鎖してしまったと思われてしまったかな、と思いますが、更新と移管の作業だけはしていて、生きていました。
リニューアルに取り掛かってからも、自分にWeb関連の知識が不足しているせいで、時間だけが無限に掛かってしまうような気分になっていましたが、ひとまずでも出来上がってよかったです。

その間に僕は使っているカメラが変わったり、住むところが変わったり、日々の記憶がなかったりしながら、ふらふらと生きていました。
人に迷惑をかけてしまったり、何かを失ったりもしながらの日々は、それでも何かを得ているような気がして、自分は以外と楽観的なんだな、と思います。

もう一回、サイトを一から作り直そうと思ったのは、SNSのように、会社によって運営されている容れ物の中で流されていく泡沫のコンテンツとして以外に、きちんと自分がコントロールできる世界が必要だと感じたからです。

サイトを作り直していく過程で以前に撮った写真を見直したり、今やりたいこと、今後のこと、色々と考えることが多かったですが、改めて、いつでも最短距離のアプローチをとりたいな、と思います。
それは例えば最短距離で「成功」へ向かっていく、というのとは違っていて(僕はそういうのは迷ってばかりです)、自分が必要だと感じることに対して、婉曲的ではなくてストレートに表現する(よう試みたい)、ということです。

僕はヌードを美しいと思っているし、その「防御のできなさ」や孤独も、美しいし大切なことだと感じているので、これからもそれを撮っていきたいと思う。
でも、それは、協力してくれる方(モデル/被写体の方)が居て初めて挑戦できることなので、僕の写真を気に入ってくれるかもしれない方とこれからも出会っていきたいとと思いますし、その為にも、色々な人に見てもらいたい、と思います。

今回記事に載せた写真は、撮り始めの、本当に最初の頃に撮らせていただいたものなんですけれど、僕は最初からヌードの写真ばかりを撮っていて、冷静に考えれば、よく協力してくれたな、という気がします。
今まで撮らせてくれたたくさんの方々、本当にありがとうございます。お世話になっている方も、これから初めましての方も、どうぞよろしくお願いします。

今回のブログでは、写真について言及したりしちゃうのは、多分、どうやってもダサいだろうな、と思うのですけれど、少しは、写真や、撮影のこと、自分が感じていることを、書いていこうかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です