祈りの言葉。祈るべき相手がいないということ。

 

“幸福になると、別な心のどこかが死ぬっていうこと、僕も感じるけれど、だからってわざと「幸福にならない」道を選ぶのは間違って居て、意図的に遠ざける選択をした事でも、やっぱりその心の何処かは死んでしまうと思うので、機会があって、幸福になって行くことは、結局善いことなんだと思います。

新しい土地で、楽しいことをたくさんして、機会が巡って来るたびに、幸福になって行ってください。”

ぼくたちには特定の神様はいないから、祈るような気持ちの言葉も、いつか、そう遠くない未来に電子の海で誰にも発見されないような0と1の断片になって、積もっていくんだろうなと思う。

どんな言葉も、何かにぶつかると砕けて粒子になって、自分から離れた何処かへ降り積もっていく。
それは、多分、自由に近い状態で、言葉の成仏、みたいなことに思える。

傷ついていても傷つけていても全然いいんだけれど、好きな人にはみんな、幸せに向かっていてほしい。

2 Comments

  1. classic 280sl
    2018-04-21

    Hey would you mind sharing which blog platform you’re using?
    I’m planning to start my own blog in the near
    future but I’m having a tough time choosing between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and
    Drupal. The reason I ask is because your layout seems different then most blogs and I’m looking for something
    unique. P.S My apologies for being off-topic but I had
    to ask!

    返信
    1. kensyo
      2018-04-24

      Hi, classic 280sl.

      Thank you contact me, and I am happy you like this blog platform.  I like this design too.
      I don’t mind that you use my blog platform.
      but I do’t know how to share this platform data to you.
      If you can copy this blog’s platform, use this freely. 😉

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です